山口のイチゴ狩り

 山口県のイチゴ狩りでは、下関市菊川町が有名で、15箇所にイチゴ農園があります。
 山口県生まれのイチゴの新品種「山口ST9号(きららベリー)」(平成19年品種登録)があります。きららベリーの特徴は、ほど良く硬く、適度に酸味があることです。→詳細(山口県農業試験場) ただし、きららベリーのイチゴ狩りができる農園は、まだないようです。

山口県のイチゴ狩り 一覧

 いちご狩りの期間は、気候状況によって前後することもあります。また、料金や栽培品種等は変更されることがありますので、各農園にご確認ください。

田布施町
観光農園ファームランド:ストロベリーピクニック(イチゴ狩りのこと)は、1月初旬〜6月初旬。もぎとったイチゴは、その場で食べるのではなく、ゲストルームでデザートと一緒に食べるスタイルとなっている。収穫したイチゴは食べ放題ではなく、量り売り。

たぶせいちごファーム

下関市
道の駅きくがわ 菊川観光イチゴ狩り:下野市菊川町には15箇所にイチゴ農園があり、道の駅きくがわでイチゴ狩りの案内をしている。
観光いちご狩りの期間は、2月〜5月(平成22年は、2月1日〜5月5日)。

豊田町農業公園みのりの丘:イチゴ狩りは1月〜5月、60分食べ放題。サラダほうれん草やトマトのハウス、特産品販売所などの施設もある。

いちごファームさかもと:イチゴ狩りは12月〜5月、60分食べ放題。

イチゴファーム 夢ときめき:イチゴ狩りは2月上旬〜6月、60分食べ放題。

内田農園:3月中旬〜5月上旬

とんがりぼうし豊浦::イチゴ狩りは4月下旬〜5月上旬、1時間食べ放題。

山陽小野田市
花の海:イチゴ狩りは12月〜5月、時間無制限の食べ放題。高設栽培。品種は、紅ほっぺ、やよい姫、おいCベリー、かおりの。小学生以上は平日1000円。西日本最大級(サッカー場3面分の温室)の観光いちご園だそうです。

柳井市
ANN(あん):イチゴ狩りは12月〜5月、時間無制限食べ放題。完全予約制。品種は、さちのか、紅ほっぺ、あかしゃのみつこ、あかしゃの清香など

山口市
JA山口中央モグモグいちご園:山口市内の複数の農園が参加しており、入園希望日の3日前までにJA山口中央に申し込むと、前日までに指定された園の予約表と地図がファックスで送られてくるシステム。
いちご狩りは、3月下旬〜5月上旬。

周防大島町
周防大島 元気村:いちご狩りは、12月下旬〜5月

関連リンク
中国地方のブルーベリー狩り


Yahoo!ブックマークに登録  ツイートする  はてなブックマークに追加

【美人姫】一粒一万円!特大イチゴ
一粒1万円のイチゴとしてメディアで有名
栃木県産「スカイベリーいちご」
栃木県が開発した新品種で、大粒で日持ちも良いので贈答用に適しています

山口県の地図
2,435円〜のレンタカー予約