宮城のイチゴ狩り

宮城県は東北一のイチゴの産地
 宮城県の各地でイチゴは、生産されていますが、特に宮城県の南に位置する亘理郡(わたりぐん)は、東北では温暖な気候なのでイチゴの栽培が盛んで、生産量は東北一となっています。
 山元町とその隣の亘理町は、東日本大震災前の2010年には、96ヘクタールでイチゴが栽培されていましたが、震災により95%が被害を受けました。徐々に再開されてきており、国の復興交付金を活用した「いちご団地」(3箇所で計61.2ヘクタール)が整備されました。

仙台いちご
 「仙台いちご」は、宮城県産イチゴのブランド名で、品種としては主に「とちおとめ」と「さちのか」ですが、新品種の「もういっこ」も増えています。

宮城のイチゴ狩り
 有名なイチゴ狩り地区は、亘理町で、3農園でいちご狩りができます。2011年の東日本大震災では、津波被害を受けましたが、いずれも復旧しています。

宮城県開発の新品種「もういっこ」

契約農家から直送!もう1個食べたくなる!おいしい宮城県産いちご
 「もういっこ」は、果実が大きいことと、さわやかな甘さが特徴で、甘味と酸味のバランスが良く、すっきりとした甘さで、ついつい「もういっこ」食べてしまうといいます。果実は硬めで、日持ちが良く、病気に強いので、農薬をあまり使わずに栽培ができます。

新規開園情報
・山元町 GRAいちごパーク 2015年
・山元町 山元いちご農園 2011年 震災で津波被害を受けた3軒の農家が設立

宮城のイチゴ狩り園 一覧

 いちご狩りの期間は、気候状況によって前後することもあります。また、料金や栽培品種等は変更されることがありますので、各農園にご確認ください。

亘理町(わたりちょう)

鈴木観光いちご園
 1月〜6月下旬、30分食べ放題。完全予約制。品種は、とちおとめ、もういっこ。高設栽培と土耕栽培。WEBクーポンで大人100円割引。震災で全壊し、内陸に移転した。

JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園
 1月〜6月中旬、30分食べ放題。品種は、とちおとめ。

いちごランド こうちゃん園
 3月下旬〜6月上旬、食べ放題。品種は、もういっこ。

山元町(やまもとちょう)

山元いちご農園
 1月〜6月上旬、制限時間30分。高設栽培。農園カフェBerry Very Labo(ベリーベリーラボ)には、いちごパフェやいちごカレーなどもあります。イチゴポリフェノールが入ったせっけん「いちポリ練り生石鹸」も販売している。

山元町農産物直売所「夢いちごの郷」
 2月中旬〜6月中旬、土・日・祝日のみ。30分食べ放題。農産物や特産品などの直売もしています。

GRAいちごパーク
 3月20日〜5月下旬(2015年)、30分食べ放題。高設栽培。品種は、とちおとめ。

半澤いちご園(はんざわ)
 3月末〜。高設栽培。

仙台市

渋谷観光農場

栗原市(くりはらし)

グローバルベリーファームそね 観光いちご園
 1月〜5月下旬、30分食べ放題。品種は、とちおとめ。

いちご畑 MIURA
 3月中旬〜5月末

くりこま高原カントリーファーム
 6月下旬〜7月中旬

丸森町(まるもりまち)

半沢いちご狩り園:3月〜5月、30分食べ放題。

石巻市(いしのまきし)
 いちごランド石巻:直売のみでイチゴ狩りはできないようです

宮城県周辺のいちご狩り
 ・山形県 岩手県 福島県

関連リンク
 ・宮城県のブルーベリー狩り


Yahoo!ブックマークに登録  ツイートする  はてなブックマークに追加

【美人姫】一粒一万円!特大イチゴ
一粒1万円のイチゴとしてメディアで有名
栃木県産「スカイベリーいちご」
栃木県が開発した新品種で、大粒で日持ちも良いので贈答用に適しています

宮城県の地図
2,435円〜のレンタカー予約